今日は小ネタです。

株主総会や取締役会の議事録では、その開始時刻や終了時刻を記載しますが、その表記で時々悩むことありませんか?

例えば正午から開催の株主総会の場合、正午と記載するのもよいのですが
午前・午後表記で記載したい場合はどのように記載するでしょうか。

正解は「午前12時」又は「午後0時」だそうです。

逆に真夜中の0時(「正子」というみたいですね)は「午前0時」又は「午後12時」だそうです。

たまにお昼にやっているであろう総会で「午後12時」から開始と書いてある議事録と遭遇します。
これだと真夜中に開催していたことになってしまいますね。

あとは「午前12時50分」というような表記がされていることもありますよね。
これだと午前なのか午後なのか、あれっ?となります。

ここに書いてること正しいのかよ、というツッコミもありそうなので
信頼できる情報源もお伝えします。国立天文台のサイトですね。
http://www.nao.ac.jp/faq/a0401.html
午前・午後の呼び方の定義は明治5年11月9日に出された「太政官達(だじょうかんたっし)第337号」とのことです。
そこには正午を午後0時とする定義はないみたいですねぇ。まぁ定義はなくとも慣例上大丈夫でしょう。

私個人的には議事録には午前・午後を付さずに10時、13時、18時などのように記載することも多いです。

さて、そろそろ午後3時。おやつの時間です(笑)

↓このブログ、
ランキング6位くらいです。
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
にほんブログ村